【株式投資】コロナバブルの恩恵か!?【日本株】

こんにちは、今回からは実際のトレードの成果を記録していきたいと思います。

2020/6/3 国内株式取引開始

スイングトレードを行う場合、流動性という「買いたい時に買えて、売りたい時に売れるか」というものが高い方が良いとのことです。ある程度短期のトレードで売りたい株価になっても買ってくれる人がいなければ意味がありませんものね。国内株式ではTOPIX 100銘柄が流動性が高く扱いやすいとのことです。私もまずは東証1部上場企業を狙ってトレードをしていきたいと思います。

証券会社としてはNISAを始めた際に使用しているマネックス証券を使用しています。スタート時点での資金は約50万円です。元手としては少ないかもしれませんが、ここから得た利益を再投資に回してがんばって100万を目指したいと思います。以下に実際の取引履歴を記録します。

約定日 銘柄 取引区分 単価 数量 受渡金額

6/3 東レ 現物買 528.10 500株 -264325円

6/4 リコー 現物買 819 200株 -163998円

6/5 王子HD 現物買 523.5 100株 -52460円

6/8 リコー 現物売 870 200株 173802円

6/8 王子HD 現物売 535 100株 53390円

6/8 東レ 現物売 550 500株 274725円

東レ、リコーを数日保持して約1万円の含み益が出たところでとりあえず利確。遊ばせておくのがもったいないと思って王子HDを買ったはいいものの、変動が小さく、上昇も見込め無さそうだったので取引手数料で損しない程度で手放しました。

出だしとしては好調ですが、コロナの影響による株価下落の底を超えてコロナバブルとなっており、何買っても上がる状況?のようにも囁かれていますので、なんとも言えませんが・・・

ただしテクニカル分析ではそういう変動の根本原因を暴くことに意味はなく、そういった背景が織り込まれた事実がチャートとして現れるという考えの取引になるので、私も今後もこうした世情に流されることなく、チャート分析に基づいて売買を行い、ルールを最適化していきたいと思います。

DMM株

脱・雇われ脳!CRAZYマネーセミナー
タイトルとURLをコピーしました